So-net無料ブログ作成

誰にも教えたくなかった 秘伝の釣りエサ [釣りの本]


監修 阿部宋明・本間敏弘
発行 株式会社 二見書房
昭和58年5月30日 初版発行

昨日の釣りが2時間ポッチでなんか不完全燃焼
古い釣りの本でも引っ張り出して読んでみる
レンギョはあるかな…あった

「意外!ソウ魚は動物質、レン魚は植物性のエサ」
ソウ魚はちょっと意外だったがレンギョは意外でもなんでもない
さすがにミミズでもルアーでも釣れるとは書いて無いな(笑)


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

怪鳥

>ソウ魚は動物質

ホントなのかね~。
年中、草をバフバフ食ってるのにさ~。
その辺が納得する記述は無かったの?
by 怪鳥 (2008-02-05 22:38) 

しい

草類でも良いが実績からいえばミミズや湖沼エビ、ザリガニが良い
ソウ魚の本場中国では太ミミズを使うって書いてある
ソウ魚専門のエサはマッシュ+さなぎ粉+クロレラのだんごとも書いてある

まあ元々普通使うエサじゃないのを載せてる様な本だからね

書いて無いけど浮いてる所にBowfishingでもやれば確実(笑)
by しい (2008-02-06 00:23) 

しい

ちなみにヘラのページは練り餌をウイスキーやアブサンで練るって書いてある
by しい (2008-02-06 00:29) 

怪鳥

なるほど。
それにしても、ミミズは万能だね(笑)

>ウイスキーやアブサン
へー!
今度やって…と思ったが、酒が家に無いな(笑)
by 怪鳥 (2008-02-06 00:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。